自作PCパーツ構成 まとめてチェックツール(β)

初心者向けに自作PCのパーツ構成を"ある程度"自動でチェックします。

自作PCパーツ構成 まとめてチェックツール(β)について

自作PCのパーツ選定時に行う各パーツの規格やインターフェースなどが対応しているかを"ある程度"自動でチェックしてくれるツール「自作PCパーツ構成チェックツール(β)」です。
CPUのソケットがマザーボードと一致しているのか、メモリの規格や最大搭載枚数・容量などをチェックします。

チェック項目が全部で25項目で、大体半分ぐらいの項目を自動でチェックします。
パーツの構成状況によってはデータ不足により自動チェックができず、ユーザーに確認を求める項目もあります。
(今後のアップデートで自動でチェックできる項目を増やしていきます。)

自動チェックツールだけでなく、パーツ選定時に何をチェックしないといけないかというチェックリストも兼ねています。

このツールのコンセプト

このツールは、自作PCの初心者に向けて、パーツ選定時に最低限何をチェックする必要があるのかを知れるということ、また、そのチェックを自動で行うことで手間を省くことを目的にしています。
そのためパーツの選定時に、次のように思っている方には便利なツールだと思います。

チェックツールの使い方

チェックツールの注意事項

価格について
価格は、価格.comから取得しています。
赤字が平均価格、()内が最安値です。
価格の最終取得時間によっては情報が最新でない場合があるので、正確な情報は価格.comで確認してください。 あくまで、予算を考慮してパーツを選ぶ際の目安としてお考え下さい。

チェックできるパーツ構成について
自作PCの初心者向けに作成しているので、チェックできる構成は基本的なものに限ります。
マルチCPU搭載や複数枚グラフィックボードを搭載するような構成には、現在未対応です。

パーツ選択

OS
CPU
CPUクーラー
メモリ
マザーボード
グラフィックボード
HDD
SSD
電源ユニット
ケース
ケースファン
光学ドライブ
全削除
×
合計金額
チェック

パーツ構成チェック

選択されたパーツで構成のチェックを行います。
チェック結果は、次の4通りで表示されます。

問題なし

選択中のパーツ構成で問題ありません。

確認不要

選択中のパーツ構成では、確認する必要がありません。

問題あり

パーツを変更する必要があります。

要確認

自動でチェックができない項目のため、ユーザーが確認する必要があります。

最終的には、[問題なし][確認不要]と[要確認]でユーザーが確認した上で問題なければ、選択したパーツの構成で自作PCを組むことができます。

No.パーツチェック内容ステータス
1-
最小構成チェック(OS, CPU, メモリ, マザーボード, HDD or SSD, 電源ユニット, ケース)
-
2CPU
CPUとマザーボードのソケットの型
-
3CPU
CPUとマザーボードのチップセット
-
4CPUクーラー
ハイエンドCPU(Intel:末尾「K」「X」, AMD:末尾「X」)の場合、別途CPUクーラーが必要。
-
5CPUクーラー
CPUクーラー選択時、CPUクーラーとマザーボードのソケットの型
-
6CPUクーラー
簡易水冷式CPUクーラー選択時、PCケースが対応しているか。
-
7メモリ
メモリの規格とマザーボードの対応しているメモリ規格
-
8メモリ
メモリの枚数とマザーボードに搭載可能な枚数
-
9メモリ
メモリの枚数とマザーボードに搭載可能な容量
-
10メモリ
ヒートシンク付きメモリの場合、CPUクーラーと物理的に干渉しないか。
-
11マザーボード
マザーボードの規格がPCケースに対応しているか。
-
12マザーボード
PCケースにUSB3.0がある場合、USB3.0コネクタがマザーボードに搭載されているか。
-
13マザーボード
出力端子と接続するモニタの入力端子が一致しているか。
-
14グラフィックボード
CPUがAMDの場合、グラフィクボードが必要(ただし、APU機能付きの場合は不要)
-
15グラフィックボード
CPUがIntelで末尾「F」の場合、グラフィックボードが必要
-
16グラフィックボード
グラフィックボードのインターフェースがマザーボードに対応しているか
-
17グラフィックボード
PCケースに物理的に干渉しないか。
-
18HDD
PCケースの3.5inchベイの搭載可能数と搭載予定のHDD数
-
19SSD
PCケースの2.5inchベイの搭載可能数と搭載予定のSSD数
-
20SSD
マザーボードのM.2の搭載可能数と搭載予定SSD(M.2)数
-
21電源ユニット
電源ユニットの規格がPCケースに対応しているか。
-
22電源ユニット
電源ユニットのPCI Expressコネクタの種類(グラフィックボードの補助電源の確認)
-
23電源ユニット
電源ユニットのSATAケーブル数
-
24電源ユニット
電源の出力電力(W)が足りているか。
-
25ケース
ケースファンの搭載可能数の確認と付属有無
-
26ドライブ
5.25inchベイの搭載可能数と搭載予定ドライブ数
-

パーツへのリンク

選択したパーツをAmazonで検索します。
全てのパーツを検索したい場合は、[全パーツのリンク]をクリック。

製品名の検索結果を表示しているので、製品名や型番をよくご確認ください。

今後の機能追加予定

まだまだ最低限の機能しか実現できていないので、今後色々な機能を追加していく予定です。
現状、考えている機能は次の通りです。